通信販売で顧客が安心して購入できる後払い決済

後払い決済は、通販やネットショッピング等で商品を売買した際に、商品が届いた後で支払い手続きをする方法です。


販売業者の中には、初めて利用する顧客の場合は、確実に支払ってもらえるかが分からないため、代引きや先払いでの支払いを求めるところもあり、2回めの利用から後払い決済ができるようにする場合もあります。
顧客の側から見ると、後払い決済を希望する顧客も多いです。

確実に商品が届いたのを確認してから支払い手続きをするため、安心して利用できます。

NAVERまとめの口コミ情報をまとめました。

近年では、販売業者側でも顧客の利便性と安心感を考慮して、後払い決済を積極的に採用する業者も多くなってきました。

従来からある方法は、払込票を商品と同封して、コンビニ等のレジに持ち込んで支払う方法です。
そのまま払込票を渡すだけで、通常の買い物と同じように簡単に支払いができます。

特にコンビニを利用する場合は、年中無休で24時間営業のため都合の良い時に手続きに行けます。



ただ、業者側では、振込票の紙を用意したり、印字をしたりで、手間とコストがかかることがあります。
販売業者側では決済代行業者に依頼することで、決済にかかる業務を任せることができます。

その場合は、決済代行業者側から、払込票を別便で郵送されることになり、商品が到着した後に届けられます。

決済手続きの方法は、顧客の側からは特に違いは見られません。

最近の決済代行のホームページをチェックしましょう。

販売業者側では、払込票の作成から送付、代金の管理や回収業務まで、代行業者に依頼することができ、手間がかからなくなります。また、代金の回収漏れがある場合の督促業務も代行してもらえるため、煩雑な事務処理も任せられます。